livedoor Blog
(ブログ) ビジネス・経済(総合) - ビジネス・経済  ]        
livedoorlivedoor ホーム

トップページ > Pandora2 > Pandora2(パンドラ2)ツール使ってみました

2015年04月16日

Pandora2(パンドラ2)ツール使ってみました



七瀬さゆりです。

Pandora2
使ってみました。

私はヤフーリスティングを使う
PPCアフィリエイターですが
「稼いでいるライバルのPPC広告出稿情報」を
丸裸にする機能はまったく興味なし。

自分のサイトが本当に丸裸になっているのかな?
という興味本位で
pandora2 キーワード発掘ツールを申込んでみました。

まだ逆引きの使い方が理解できていないので
自分のサイトは丸裸にはできなかったです。

Catch the Webさんに質問しましたら
こんな回答をいただきました。


Pandora2でURLより逆引きできるのは
Yahoo!のPPC広告で出稿されている
広告のデータです。

Pandora2はキーワードリサーチ機能を使うと
特定のキーワードで出稿されている
PPC広告の 出稿キーワード、広告文、
URLなどの情報が データベースに
蓄積される仕組み
になっています。

例えば「ダイエット ブログ」で
キーワードリサーチをかけると
「ダイエット ブログ」のキーワードで
Yahoo!検索した時に 表示される
PPC広告の情報がデータベースに蓄積されます。

このように数年かけて大量に
蓄積されたPPC広告情報の
データベースからキーワードや
URLで逆引きして 広告情報を
引き出す機能があります。

Pandora2の難点としてはデータベースに無い
広告情報は引き出せない
ことです。


ここまで

私のサイトは
データベースに蓄積されていないので
丸裸にはできなかったのかな。

私自身、本音を言えば
こちらのツールを使ってPPC広告を
丸裸にしてほしくありません。

人の広告も興味なし。
理由はライバルがどんな意図で
広告を出しているのかが分からないから。

私の場合ですが、
PPCで利益ギリギリでも売れれば
ASPから他にも稼げる案件情報をもらえたり
PPCでキーワードが拡張できれば
SEOで利益を伸ばせることが
できるからです。

私のような使い方をしているサイトを
丸裸にしてもきっと利益取れません。。。

ここだけの話
定期的に私のPPCサイトをチェックしている
アフィリエイターさんもいるようですが、
的はずれなところばかりチェック
しているようで、時間のムダじゃない?

ってアクセス解析見て思っています。

中には粗利50%確保している
広告もありますが、基本SEOのために
PPCを使っています。

ただ、使い道としてはSEOにも活用できました。
動画を観ると最初思っていたイメージとは違い、
キーワード候補から拡張してお宝キーワードとお宝商品を発掘するキーワードサーチ」は
SEOにも使える!って思いました。
>>使い方解説動画はこちら

このツールってPPC用だよね?
あれっ私の言っていること結構ズレている?^^;

と思ったら、販売サイトにサイトアフィリにも
役立つと書いていました。

キーワード候補からの拡張機能を使うと
SEOで狙えそうなキーワードがいっぱい
発掘できた
ので、さっそく記事を編集して
キーワードを追加してみることにします。

そのキーワードが稼げるキーワードかどうか
分かりませんが、自分では出てこなかった
キーワードになるので検証が楽しみです。
⇒パンドラ2でキーワードを見つけたのでライターに書いてもらう流れになっています

見つけた一つのキーワードに対して
その関連するキーワードを自分で
考えていくと
自分だけのお宝キーワード
が見つかると思いますよ

私のやり方はSEOから成約キーワードを探して
PPC広告でキーワードを拡張しています。

そしてPPCで拡張できたキーワードで
SEOにも活用しています。

このように、キーワードを増やしながら
SEOとPPC両方からアプローチしています。

実際のパンドラ2の使い方ですが、
例えば「ダイエット ブログ」のキーワードで
拡張したとします。
下記のように関連キーワード候補が
すぐにでてきます。
パンドラ1
















ライバルの広告を丸裸に出来たとしても、
そもそもそのアフィリエイターが稼いでいる
という保証はありません。
自分でそのキーワードが売れるのか
検証していかなければなりません。

ここ、時間もお金もかかる

このツールでPPCアフィリエイターの
稼げそうなキーワードを見つけたとしても、
稼げるPPCアフィリエイターは特単をガッツリ
もらっているので勝負できない可能性
だってあります。

特単なし、承認率もわかっていな状態では
赤字になって撤退する場合が
多いのではないでしょうか?

最初は
1個でも成約キーワードがわかっていて
そのキーワードを広げるのに
このパンドラ2を使うというという流れの方が
確実なのかなと思います。


私は普段、
ツールが苦手でほとんど使わないんですよね。
こんな私でもマニュアルも読まずに
使えたのでPandora2は使いやすいと思います。

ここからは、動画になります。
20の機能があるとのことですので
興味ある機能をチェックしてみてください。

こんなに機能が充実しているとは
知りませんでした・・・汗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
禁断のツール『Pandora2』20の機能解説動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆1【広告逆引き機能】
・ライバルのURLから広告情報を
 逆引き検索してカンニング調査できる
https://youtu.be/F8343btzxeg

◆2【広告一覧検索機能】
・キーワードから広告出稿している
 ライバルの広告情報を一覧で調べられる
https://youtu.be/6M0fHnP91DM

◆3【提携広告検索機能】
・広告文に「提携」が入っている
 PPCアフィリエイト広告を一気に調べられる
https://youtu.be/jzlb4xfS-Jg

◆4【クリック先URL調査機能】
・普通では知ることが出来ない
 広告クリック先のURLを調べることが出来る
https://youtu.be/_sx5ngUqydg

◆5【URL偽装広告検索機能】
・広告表示URLを偽装して出稿している広告を一目で調べられる
https://youtu.be/uQi6gK_ih1s

◆6【同一IPサイト検索機能】
・ライバルが同じサーバーに設置しているサイトを調べられる
https://youtu.be/ZVZSQdGMUns

◆7【継続出稿広告調査機能】
・過去の広告データと現在の広告出稿状況を比べて
 継続して広告を出稿して稼ぎ続けている広告を調べられる
https://youtu.be/nvNOLL2WvSU

◆8【デバイス毎広告調査機能】
・パソコンとスマートフォンそれぞれの広告情報を調べることが出来る
https://youtu.be/8yf6D9l26hU

◆9【スマホ対応状況調査機能】
・広告出稿しているサイトがスマートフォンに
 対応しているサイトかどうか調べられる
https://youtu.be/JOS-Znt6YpM

◆10【広告順位チェック機能】
・広告出稿しているキーワード毎の
 広告掲載順位を調べて時系列で比較出来る
https://youtu.be/hg0NHS-mZU8

◆11【SEO順位チェック機能】
・キーワード毎のSEOの順位を調べることが出来る
https://youtu.be/RW_Qf2bh7K4

◆12【関連キーワード拡張機能】
・キーワードの関連キーワードから
 稼げるお宝キーワードを見つけることが出来る
https://youtu.be/lO-Eji-b254

◆13【トレンドキーワードリサーチ機能】
・トレンドキーワードからライバルの
 SEO情報&広告情報を調べることが出来る
https://youtu.be/VjTTdKiXfv0

◆14【Youtube動画数調査機能】
・キーワード毎のGoogleにヒットするサイト数と
 Youtubeの動画数を比べてライバルが少ない
 Youtubeキーワードがわかる
https://youtu.be/RjcqUyHc2Uo

◆15【Youtube動画順位調査機能】
・キーワード毎のGoogleの検索結果で何位に
 Youtubeの動画が表示されるか調べられる
https://youtu.be/9grcfgZXLwE

◆16【プレポジ数調査機能】
・キーワード毎の広告の
 プレミアムポジション数を調べることが出来る
https://youtu.be/4X34Ea7jYco

◆17【キーワードデータ取込機能】
・Yahoo!キーワードアドバイスツールや
 Googleキーワードプランナーのデータを
 取り込んで解析することができる
https://youtu.be/I6VbghV1gJE

◆18【上位サイトSEO解析機能】
・特定キーワードにおいて
 現在上位表示されているサイトのSEO情報を解析できる
https://youtu.be/9e3tV8xYxzs

◆19【お宝キーワード発見機能】
・キーワード毎のさまざまなデータから
 狙い目のお宝キーワードを発見できる
https://youtu.be/2fgOECUBn3w

◆20【キーワードデータ抽出機能】
・特定のキーワード群や解析結果の全てを
 CSVでインポート・アウトポートできる
https://youtu.be/3mEwk3VEyUo


最初ツールをダウンロードする場合、
ファイルにあるパンドラツールを
すぐにクリックしても開きませんので、
10分ほど待ってから
クリックしてみてください。

4月15日〜4月30日限定で初月1980円で
利用できますので まずは1ヶ月でも使ってみてくださいね。
私は月額支払じゃなくて買い切りたいなーと
思ったツールです。

>>Pandora2の【月額】販売ページはこちら<<

希望が多かったPandora2一括買い切りプランも登場!
>>Pandora2の【一括・買い切り】販売ページはこちら<<


【Pandora2買い切り】
キャンペーン期間限定(6月19日19時〜6月30日
198,000円相当の購入者特典が付くそうです
【月額】から買い切り版に移行する人は
7割もいるそうなので最初から
pandora2「買い切り版」にする方がいいと思います^^;


   




 
Posted by app1 at 2015年04月16日│00:44
コメント(0)トラックバック(0)
Pandora2Edit


Pandora2(パンドラ2)ツール使ってみましたへのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/app1/2255349